【ニューヨーク共同】ロイター通信は15日、複数の米州当局が米グーグルに対して独占禁止法(反トラスト法)の訴訟を計画していると報じた。米当局によるグーグル提訴の第4弾となる。スマートフォンの基本ソフト(OS)「アンドロイド」のアプリ販売市場に焦点を当てている。