[宮古島市長選2021・1・17] 17日投開票の宮古島市長選に立候補している、新人で前県議の座喜味一幸氏(71)と現職の下地敏彦氏(75)は16日、市内でそれぞれ打ち上げ式を開き、最後の訴えに臨んだ。市政のかじ取り役としての政策を示し、応援弁士らとともに有権者に支持を呼び掛けた。