新型コロナウイルス感染が判明したソフトバンクの東浜巨投手(30)が16日、練習を再開し福岡県筑後市のファーム施設でキャッチボールやランニングを行った。「戻ってこられてホッとしている。ここからがスタート」と話した。  東浜は昨年12月24日にPCR検査で陽性と判定され、自宅療養に。