国の重要文化財で、日本ハリストス正教会発祥の地とされる「函館ハリストス正教会」(北海道函館市)は17日、2月から大規模改修のため約2年間閉鎖されるのを前に、聖堂内での最後の礼拝「聖体礼儀」を行った。

 改修前、最後の礼拝が行われた「函館ハリストス正教会」=17日午前、北海道函館市

 同日午前10時ごろに「ガンガン寺」の愛称のきっかけとなった鐘の音が鳴ると、聖堂では集まった信者たちの聖歌が響いた。約30年前から教会に通う信者の入間川恵美子さん(67)は「今の厳かな感じも好きなので少しさみしい」とこぼした。

 聖堂は1860年に当時のロシア領事館の隣に建設。1907年に焼失し、現在の聖堂は1916年に再建された。(共同通信)