家畜を快適な環境で飼育する「アニマルウェルフェア(AW)」の国際基準への対応を巡り、鶏卵業者側から賄賂を受け取ったとして収賄罪で在宅起訴された元農相の吉川貴盛被告(70)が、AWについて意見交換した農林水産省の連絡協議会の臨時委員選定に関与したとみられることが17日、関係者への取材で分かった。