【サンパウロ共同】中米グアテマラのメディアによると、隣国ホンジュラスから米国を目指す移民集団(キャラバン)約9千人が17日、グアテマラ入りし、治安当局者と衝突した。米国でバイデン次期大統領が近く就任することから、移民政策の緩和を期待し参加者が増えているとみられる。

 17日、ホンジュラスからグアテマラに入り治安当局者と衝突する移民(AP=共同)

 当局者は移民に催涙ガスを浴びせた。17日までに約千人をホンジュラスに送還したという。世界最悪水準の治安や困窮から逃避、中米から米国に向かう人々はたびたび大規模な集団化している。

 メキシコ当局は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からもキャラバンを北進させないよう中米諸国に要請している。(共同通信)