家の中で煙などを感知する住宅用火災警報器(住警器)は、迅速な初期消火に重要な役割を果たしている。住宅への設置義務化から約10年が経過した今、東京消防庁などが警報音の定期的な点検や、機器自体の交換を呼び掛けている。