【東京】菅義偉首相は18日、首相就任後初めての施政方針演説で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設について「普天間飛行場の一日も早い全面返還を目指し、辺野古沖への移設工事を進める」と述べ、工事を引き続き推進する考えを強調した。「沖縄の皆さんの心に寄り添う」との表現も盛り込まれた。