沖縄県の宮古島署は18日、母親の胸を果物ナイフで突き刺し殺害しようとしたとして、宮古島市内に住む10代少年を殺人未遂容疑で緊急逮捕した。「殺すつもりで刺した」と容疑を認めているという。刺された母親は比較的軽傷で命に別条はない。

沖縄県警のパトカー

 逮捕容疑は17日午後9時半ごろ、宮古島市内の少年の親族宅で、室内にいた母親の胸をナイフで刺し殺害しようとした疑い。親族からトラブルの通報があり、警察官が駆け付けると少年が「母を刺した」と自首したという。