環境省が絶滅危惧2種に指定する冬の渡り鳥ツクシガモが、うるま市の海中道路の干潟に飛来している。18日は2羽が浅瀬で藻をついばんでいた。

干潟を飛び立つツクシガモ=18日、うるま市・海中道路沿いの干潟(下地広也撮影)

 ツクシガモは体長約60センチの大型のカモ。体の色は白、茶、黒で、くちばしはピンク色。ユーラシア大陸の温帯地域で繁殖し、日本国内には冬飛来する。主な越冬地は九州北部の筑紫地方で、和名「筑紫鴨」の由来になったという。