個人情報を取り扱う京都大のシステムに、約半年前から認証制限がかかっていない不備があり、学生や教職員約4万人の氏名やメールアドレスなどの個人情報が閲覧される可能性があったことが19日、京大への取材で分かった。

 京都大=16日、京都市

 京大によると、昨年6月に情報認証システムを改修したが、担当部署が認証制限をかけるのを怠り、学生専用のポータルサイトなどにログインするためのIDや暗号化されたパスワード、氏名、メールアドレスなどが約半年間閲覧できる状態だった。

 今月4日、職員が問題を把握し制限をかけ、18日までにパスワードの変更を求めるメールを全ての対象者に送った。(共同通信)