葉脈が目立つのが特徴のノボタン科のサンゴノボタンが、三原の通称「安部又」の道沿いで花を咲かせている。茎丈約1メートル。4枚の花弁の色は薄紫で、直径約2センチ。葉の長さは約20~30センチ、幅約13センチで厚みを感じさせる。