加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、今夏の東京五輪・パラリンピック開催について、新型コロナウイルスのワクチン接種状況は開催可否を判断する前提ではないとの認識を示した。「ワクチンを前提としなくても安全安心な大会を開催できるよう、総合的な対策の検討が進められている」と述べた。