飲食、社交業団体は沖縄県が協力金の対象を全県一斉にし、事業者単位でなく店舗単位で支給することを評価した。一方で閉店時刻が午後10時から2時間前倒しになったことには「事実上の休業要請になる」と指摘。