【北京共同】中国外務省の華春瑩報道局長は19日の記者会見で、中国の新型コロナウイルス感染症への初期対応に遅れがあったと指摘した世界保健機関(WHO)の独立委員会の中間報告に反論した。「すぐさま断固とした方策を決め、感染と死亡を減らした」と訴え、最も早く世界に警鐘を鳴らしたと主張した。