1月17日に行われた宮古島市長選挙で、オール沖縄の推す座喜味一幸氏が自民党・公明党の推す現職の下地敏彦氏を破り当選した。県議選挙や市町村選挙で旗色の悪かったオール沖縄側にとって、今後予定されている浦添市長選挙やうるま市長選挙に向けて弾みをつけたとの論調が目立つ。