鹿児島・奄美大島で晩年を過ごし、島の自然を描いた孤高の日本画家田中一村(1908~77年)の功績を学ぶ「一村キッズクラブ」の児童らがこのほど、絵手紙制作に挑戦した。一村の作品を鑑賞して筆遣いや色使いの基本を学び、思い思いのテーマで取り組んだ。