【ソウル共同】元「従軍慰安婦」を支援する韓国の市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)は20日、定例の「水曜集会」を開き、文在寅大統領の年頭記者会見での慰安婦問題を巡る発言について「当惑し、失望している」と批判した。