(1)王冠(おうかん)  表面(ひょうめん)の突起(とっき)のようなものが王冠や太陽(たいよう)の光(こう)冠のように見(み)えることから名付(なづ)けられたそうです。