「鉄腕アトム」から「名探偵コナン」までアニメ脚本を長年手掛け、推理小説作家としての業績が認められ、日本ミステリー文学大賞を受賞-。そんな戦後日本エンターテインメント史の体現者、辻真先さんの近刊「たかが殺人じゃないか」(東京創元社)。