「高倉健という人物ほど、ドキュメンタリーに向いていない人物はいない」と、ある映像ディレクターは言う。では何故、日比遊一監督はあえて高倉健を選んだのか。「どんなに大声を出しても伝わらないものは伝わらない。むしろ言葉が少ないから伝わることもある」と健さんは語りかけてくる。