ここがどこであるのかわからないまま天井を見つめていると、奥のほうから物音が聞こえた。 「目が覚めましたか」  その声とともに、視界に男性の顔が映った。優しそうな笑みを浮かべた四十歳前後に思える男性だ。