岩手大の宮崎雅雄教授らの研究グループは20日、猫がマタタビを体に擦り付けるのは、蚊を遠ざけるためであることを解明したと発表した。猫がマタタビを好み、特異な反応を示す生物学的な意味はこれまで未解明だったという。寄生虫やウイルスを媒介する蚊から、人間が身を守ることに応用できる可能性があるとしている。