デビューから16年。地道に良作を書き継いできた実力派が、初の候補入りで第164回直木賞を射止めた。「文学賞って私にとっては宝くじのようなもの。目指して書いたことはありませんね」と笑顔で話す。