東京商工リサーチは21日、2020年に早期・希望退職者を募った上場企業が前年の約2・7倍の93社だったと発表した。募集人数も判明した80社だけで計1万8635人に上り、企業数、人数ともにリーマン・ショック後の09年以来の高水準だった。