日本政府は、バイデン米新政権との関係構築を急ぎ、同盟を強化するとの新政権の具体的な行動に期待する。台頭する中国を抑止するには、アジア太平洋地域への米国の関与が欠かせないからだ。外相や防衛相間の会談実現も模索し、米側の対応を注視する。ただ国内の分断解消など多くの難題を抱える米国への不安は拭えない。