2019年7月に那覇発ソウル行きのアシアナ航空171便エアバスA321が管制官の指示に従わず、滑走路に進入した重大インシデントで、国の運輸安全委員会は21日、機長が管制官から滑走路手前で待機指示を受けたにもかかわらず、「滑走路に入り待機せよ」と思い違いをしていたとの調査結果を発表した。

(資料写真)那覇空港

 同航空の規定では管制官の指示があった場合、機長と副操縦士が相互確認をすると定められているが、順守していなかったという。

 発生当時、日本トランスオーシャン航空(JTA)212便が着陸体勢に入っていたが、アシアナ機が滑走路に進入し、着陸をやり直した。