日銀は21日、金融政策決定会合を開き、長短期の金利を低く抑えて経済を下支えする大規模な金融緩和策を維持した。「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」を公表し、2020年度の実質国内総生産(GDP)成長率が前年度比マイナス5・6%になるとの見通しを示した。