大手電力10社のうち、中部電力など7社が3月の家庭向け電気料金を値上げする見通しであることが21日、分かった。火力発電の燃料に使う液化天然ガス(LNG)の価格が上がったため。沖縄電力は8円値下げする見通し。  2月と比べ標準的な家庭の電気料金の値上げ幅が最も大きいのは中部電力の96円。