岐阜県各務原市消防本部は22日、新型コロナウイルス感染が確認されて20日に死亡した同市の70代男性が、自宅待機中に容体が急変し、搬送先が決まるまでの約2時間20分のうちに心肺停止状態となったことを明らかにした。男性は搬送先の病院で死亡が確認されたが、県は入院中に死亡したと説明していた。

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 消防本部によると、男性は19日午後6時ごろに陽性と分かり、20日に県内の病院に入院予定だった。20日午前4時半ごろ、男性が急に息苦しさを訴えたため、家族が119番。救急車が到着後、搬送先の病院が見つからず、男性は午前6時40分ごろに心肺停止状態となった。(共同通信)