【ニューヨーク共同】米IT大手マイクロソフトは2日、インターネットを通じて意見交換や情報共有をする「チャット」分野で、企業向けに新たなソフトウエアの試験版の提供を始めたと発表した。181カ国・地域で使用できる。

 「マイクロソフト・チーム」という名称で、表計算や電子メールを盛り込んだソフト「オフィス365」の機能の一つとして提供する。文章だけでなく、動画や音声を手軽にやりとりできることを売りにしている。