【ウィーン共同】オーストリアのシャレンベルク外相は22日発効の核兵器禁止条約について「被爆者の闘いがなければ制定できなかった」と指摘、今年末にも同国で開催する締約国会議に被爆者を招待すると述べた。共同通信の単独会見に答えた。(共同通信)