ノックの音が聞こえ、ベッドで寝ていた明香里(あかり)はドアのほうに少し首をひねった。首のあたりに痛みを感じながら、病室に入ってくる母を見つめる。手に花束を持っていた。 「明香里の学校の校長先生が来てくださったの。