新型コロナウイルスの影響で市民マラソンの中止が続く中、スマートフォンを利用した“大会”が広がりつつある。昨年10月、1カ月間の走行距離を競ったオンラインイベントは全国で約6万人が参加。