総務省は22日、携帯電話の普及を受けて公衆電話=写真=の設置基準の見直しを検討する有識者会議を開いた。公衆電話の利用が減少しているため、災害時の通信手段は確保した上で、一定の面積ごとの設置を定めた現行の基準を緩和し削減できるようにすることなどを議論。今夏までに方向性を取りまとめる。