富山県は22日、小矢部市の養鶏場で死んだ鶏が見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザ陽性を確認したと発表した。県によると、この養鶏場では約20万4千羽が飼育されている。遺伝子検査で陽性が判明すれば、殺処分と移動、搬出制限を始める。陽性が確定した場合、今季は県内初となる。