【ワシントン共同】バイデン米大統領は22日、カナダのトルドー首相と電話会談を行った。バイデン氏の首脳会談は就任後初めて。新型コロナウイルス対策や経済、国防、気候変動といった幅広い分野で両国の協力関係を再び活性化させることについて協議した。ホワイトハウスが発表した。

 バイデン氏は20日、環境規制の強化の一環で、カナダで採掘した原油を米国に運ぶ「キーストーンXLパイプライン」のトランプ前大統領による建設許可を撤回。バイデン氏は会談で、カナダ側の「失望」に理解を示した。両氏は環境政策について考えを共有した上で、1カ月以内に再会談することで一致した。(共同通信)