北海道の鈴木直道知事は23日、経営難に陥っているJR北海道への支援策として、道が国と共同で新たに車両を購入し、同社に無償で貸し出す方針を表明した。設備投資を軽減するのが目的で、同社は観光列車として活用する。

 国交省とのオンライン会議で話し合うJR北海道の島田修社長(左)と鈴木直道・道知事=23日午後、北海道庁

 同日道庁で開かれた国土交通省とのオンライン会議で明らかにした。同社は単独では維持困難としている線区で観光列車を走らせる。購入する車両数など詳細は今後、調整するとしている。

 会議に出席したJR北海道の島田修社長は国と道に謝意を示し「背水の陣で経営改善に取り組んでいきたい」と述べた。

 国は昨年、2021年度以降も同社への財政支援を継続する方針を発表した。(共同通信)