「外事警察」などで知られる著者の最新刊。大分県杵築市を主な舞台とした警察小説だ。  地元名産の工芸品の作家である七海はある日、暗闇の中で男に襲われ、運良く顔見知りのパン屋の男性に助けられる。ストーカーによる犯行と思われたが、ある二つの殺人事件を機に、事態は思わぬ展開をみせる。