JAおきなわ八重山支店女性部(金城美沙江部長)が、竹富町の小浜島産黒糖と石垣の塩などを使った「黒糖バター」を開発し、17日から市新栄町のJA直売所での販売を始めた。低迷する黒糖の消費拡大と地産地消を目的に、開発チームが試行錯誤を重ねて1年がかりで商品化した。