自民党北海道連は23日、札幌市で会合を開き、4月の補欠選挙での候補者擁立を断念した衆院北海道2区について、秋までに実施される衆院解散・総選挙の際には候補者を擁立する方針を確認した。出席した山口泰明選対委員長は会合後、記者団に「地元の意見を尊重したい。その方向でやりたい」と述べた。