【北京共同】中国山東省に建設中の金鉱で10日に爆発事故が発生し、地下の坑内に閉じ込められていた作業員ら22人のうち11人が24日、約2週間ぶりに救出された。国営中央テレビなどが伝えた。地下約580mの暗闇から明るい地表に引き上げられ、感謝に手を合わせる作業員も。現場では大きな拍手が起きた。

 爆発事故で閉じ込められた地下の坑内から救出される作業員=24日、中国山東省(新華社=共同)

 救助された11人のうち1人は負傷し衰弱している。当局は坑内に残る11人の救助作業を続ける。

 事故後、救助隊は複数の立て坑を掘り、地下坑内の様子を探った。1週間後の17日、坑内にいた生存者に地表から降ろしたワイヤが届き、助けを求める手書きのメモが上がってきた。(共同通信)