陸上自衛隊の離島防衛部隊「水陸機動団」の「辺野古常駐構想」は、陸自と米海兵隊がともに軍事組織としての合理性を優先し、重い基地負担を強いられ続ける沖縄への思いを全く欠いたまま合意された。強大な恒久基地の誕生を沖縄の民意が許容するとは考えにくい。