与野党幹部は24日のNHK番組で、罰則を盛り込んだ新型コロナウイルス特別措置法と感染症法の改正案を巡って論戦を交わした。立憲民主党の福山哲郎幹事長は罰則導入について「刑事罰を科すのは筋が悪い。懲役は考えられない」と慎重姿勢を示した。  自民党の柴山昌彦幹事長代理は理解を求めた。