【ジュネーブ共同】東京五輪開幕まで半年となった23日、昨年に開催反対を訴えて延期決定の火付け役となった陸上棒高跳び五輪女王のエカテリニ・ステファニディ(30)=ギリシャ=が共同通信のインタビューに応じ「新型コロナウイルスについて何も分からなかった昨年とは状況がかなり違う。