沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄で新たに41人がコロナに感染【1月25日昼】

2021年1月25日 15:06

 沖縄県は25日、新たに41人が新型コロナに感染したと発表した。県内の累計感染者数は7056人。

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 在沖米軍関係は新たに1人が感染し、累計で891人となった。

 24日の発表では新たに76人の感染者が確認され、県内の累計感染者数が7千人を超えた。11日間で千人増となる感染ペースで、県は若年層による年末年始や成人式後の飲食、それに伴う二次感染が大きな要因とみている。

 宮古島市では22日9人、23日12人、24日14人と感染が相次いでいる。人口10万人当たりの新規感染者数は91・4人(24日時点)で、全国最多の東京都64・55を上回っている。県立宮古病院に加え、民間病院での受け入れも始まり、病床を増やして対応する。感染拡大が続けば病床数が不足して自宅療養をせざるを得ない危機的な状況となっている。

 一方、22日から始まった飲食店などへの時短営業の要請について、県は22~24日の人の動きが減ってきた印象だとし、「接待を伴う飲食店での感染は非常に減少しているように見受けられる」と一定の効果が出ているとの認識を示している。

連載・コラム
記事を検索