組踊「孝行の巻」が30日午後2時、浦添市の国立劇場おきなわで上演される。玉城朝薫「五番」の一つで、わが身を犠牲にしてでも親、きょうだいを思う孝行心が奇跡を起こす物語。立方指導は親泊興照・真境名律弘、地謡指導は照喜名進。