沖縄県本部町伊豆味でウメの花が満開となっている。集落から八重岳に向かう道や、伊豆味小中学校からベゴニア園向けの道路沿いには数本のウメの木が白い花を咲かせている。

ほのかな香りを漂わせて咲き誇るウメの花=25日午後、本部町伊豆味(国吉聡志撮影)

鮮やかなピンクが映えミツバチも飛び交うカンヒザクラの花=24日、大保ダム

ほのかな香りを漂わせて咲き誇るウメの花=25日午後、本部町伊豆味(国吉聡志撮影) 鮮やかなピンクが映えミツバチも飛び交うカンヒザクラの花=24日、大保ダム

 沖縄では、ウメとカンヒザクラの開花時期がほぼ同じで、八重岳に向かう道沿いには五分咲きのサクラの木もあった。「ウメとサクラが同時に咲くのか」。ウメの甘い香りが漂う中、車を止めたドライバーが花に向けてスマホをかざしていた。(玉城学通信員)