新型コロナウイルスの感染拡大が長期化する中、困窮者への支援が喫緊の課題となっている。緊急事態宣言の再発令によって生活保護を必要とする人は増える恐れがあるが、当事者からは「利用するのは心理的なハードルが高い」との声が上がる。