全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団は25日、予防接種・ワクチン分科会や各部会で「過度で不合理と考えられる傍聴制限が多い」として、オンライン傍聴を可能とするなどして、議論の公開性を高めるよう、厚生労働省に申し入れを行った。